Loading
2012年07月09日 00時00分 UPDATE
PR

ビッグデータ活用の肝はスモールスタートにありビッグデータ活用のヒント 自社でHadoopを使いこなすノウハウとは?

「Hadoopは難しい」「自社でデータ分析は大変!」そう思っている人に朗報だ。Hadoopを使ったビッグデータ活用のためのシステム基盤を、コストと手間を抑えつつ立ち上げられるソリューションが登場する。

[ITmedia]
aa_dell_intel.gif

 ITの世界で「ビッグデータ」のソリューションが大きく取り沙汰されるようになって、しばらくたつ。メディアではHadoopなど先進技術の導入事例が大きく取り上げられ、各ベンダーはビッグデータの名を冠した製品やサービスを次々とリリースしている。しかしその一方で、こうした動向をよそに「『ビッグデータ』という言葉が独り歩きしているだけなのでは……」と感じる方も多いのではないだろうか?

 確かに多くの企業にとってビッグデータ活用のための技術は、技術的にもコスト的にもまだハードルの高い、「様子見段階」の技術と捉えられている向きもある。しかし企業を取り巻く経営環境が年々厳しさを増す中、数少ないビジネスチャンスをいち早くキャッチして売り上げを伸ばすための手段として、データ活用のITソリューションが大きな期待を寄せられているのも事実だ。

 そこでデルが提唱しているのが、「ビッグデータ活用のスモールスタート」という、少しユニークなコンセプトを掲げたソリューションだ。ビッグデータ活用というと、大掛かりなシステムを大々的に導入するものだと思い込んでいる方も少なくないだろう。同社いわくそれは誤解であり、むしろスモーススタートこそビッグデータソリューションのあるべき姿なのだという。以降で、そのソリューションの具体的な内容を見ていくことにしよう。

Intel、インテル、インテルロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部