2012年12月03日 10時00分 UPDATE
info Center

「IBM Rational Innovate 2012」特集今こそ、ソフトウェア開発の力をビジネスの価値へ

現在、ソフトウェア開発は常に要求される「生産性の向上」に加え、普及が進む「モバイルアプリ」の開発や「品質管理の効率化」などへの対応が求められている。開発現場のさまざまな課題を解決するヒントを紹介する。

[ITmedia]

注目のコンテンツ

システム開発の成功の鍵を握る要求定義

業務部門のニーズに素早く応えるアジャイルな要求定義

IBM Rationalが長年にわたり培った要求管理とプラクティスをベースに、ユーザーと調整型で要求定義を進める方法を紹介。


ライフサイクル全般にわたる品質管理の在り方とは?

品質管理の新しい“ふつうの姿”と勘所

システム開発において、特にテストを中心としたコスト最適化・省力化について考え、品質管理のコスト削減と効率化の実現を目指す。


スマートデバイスの爆発的な普及に対応

モバイルアプリ開発に潜む最新の課題と対策

要件管理と定義、コラボレーションの自動化、品質確保などにより、革新的なアイデアをスマートな企業モバイルアプリとして効果的に開発。


スマートデバイスの爆発的な普及に対応

デスマーチを解消し、チーム開発をうまく回すには

増大するメンバーや地理的に分散された開発チーム間のコミュニケーションは複雑化の一途。ツール活用でスムーズにするヒントがここに。


ビジネスと投資家に価値をもたらすスマートな製品

製品価値を創出するモノづくりのために重要な4つのステップ

ポートフォリオ、プロダクト、プロジェクト、パフォーマンスを管理し、さらにスマートな製品を開発。


読者調査結果リポート

ユーザー企業のIT投資動向を調査

2012年度IT投資動向についての読者調査リポート(2012年3月)

ユーザー企業のIT投資についてその金額や増減、投資先を読者調査で聞いた。ユーザー部門の効率化を目的にタブレット端末やスマートフォンへの投資を新たに検討している企業が多いようだ。