Loading
2012年12月06日 00時00分 UPDATE
PR

本番環境へのクラウド利用の壁も克服 経営層が納得する、業務システムのクラウド適用の見極め方

中長期的なIT戦略の柱として、クラウドの活用を掲げる企業は多い。しかし、自社システムへの適用の見極めが難しいのが現状だ。クラウド適用にまつわる課題解決を支援するサービスが注目されている。

[ITmedia]

 中長期的なIT戦略の柱として「クラウド活用」を掲げる企業は多い。しかし、企業ごとに最適なクラウドの利用形態や適用範囲は異なるため、「自社のどの業務システムがクラウドに移行できるか?」に悩み、その判断基準が分からず次の段階に進めない企業も存在する。

 また現在、必要なシステムリソースを柔軟かつ迅速に利用できるIaaS(Infrastructure as a Service)が、開発・テスト環境の整備などを中心に導入されている。しかし、本番環境への適用となると、その機運が高まる気配はない。要因の1つに「サービス管理やセキュリティ面での不安」が考えられる。基幹システムをクラウドに移行する場合、極めて高い安定性が求められ、万一の障害時には迅速に復旧させる必要がある。しかし、ニーズとは逆に、本番環境での安全な継続運用をサポートできる運用管理機能を提供するサービスは多くない。こうした“システム運用”の壁を克服しなければ、本番環境へのクラウド適用は難しいといえる。

 普及期を迎えつつあるクラウドに、企業はどう対処していけばいいのか? 本稿では、クラウドにまつわるさまざまな課題に応えられる日本アイ・ビー・エムの取り組みを紹介する。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部