Loading
2013年07月18日 00時00分 UPDATE
PR

クラウドを見据えたライセンス管理が重要に意外と難しい「ソフトウェアの従量課金化」を簡単にするには?

「クラウドサービスを従量課金で使いたい」。システムインテグレーターがユーザー企業のこうした声に応えるには、越えるべきハードルがある。その効率的な解決策とは?

[ITmedia]

 企業のITシステムにおいてクラウド活用の動きが本格化しつつある。こうした動きに伴い、ユーザー企業のニーズが急速に高まっているのが、従量課金によるアプリケーションの利用だ。使った分だけ料金を支払う従量課金は、アプリケーションコストの最適化に大いに役立つ。

 一方、システム構築を担うシステムインテグレーターにとって、従量課金への対応はそう簡単ではない。ユーザー企業ごとの契約状態や利用状況の把握、アプリケーションの再配布、複雑な利用状況のトラッキング/リポーティングなど、自社リソースによる従量課金システムの構築にはクリアすべき課題は多い。

 こうした課題を解決するためには、効果的なライセンス体系とエンタイトルメント(使用権限)管理手法をクラウド環境に導入することが必要不可欠になる。その具体策を解説しよう。

提供:日本セーフネット株式会社

提供:日本セーフネット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部