Loading
2014年01月27日 00時30分 UPDATE
PR

「Windows Server 2003」サポート終了に対応事例で分かるサーバ仮想化の“ホンネ” Hyper-V採用の理由は?

確実に増えつつある仮想化技術を活用したサーバ統合。成功のための鍵はどこにあるのだろうか。「Hyper-V」サーバ仮想化で大きなメリットを出した事例から成功のポイントを探る。

[ITmedia]
ik_tt_ws01.jpg

 昨今、仮想化技術を活用したサーバ統合の取り組みが本格化している。社内に乱立している物理サーバを仮想化統合することで、ハードウェアの台数削減や省電力、省スペースなどのメリットが期待できるからである。

 しかし、ここで問題になるのが物理サーバ上に集約された仮想マシンの存在だ。物理サーバの台数は削減されても、その上では、依然として多数の仮想マシンが稼働しているのが実情。このため、サーバ統合を行っても、稼働しているサーバ(仮想マシン)そのものの運用管理は以前と同様、必要になる。

 こうした背景の中で、サーバ仮想化統合のメリットを最大限に引き出すソリューションとして、「Windows Server 2012」の導入が拡大している。本稿では、実際のWindows Server 2012の導入事例を基に、サーバ仮想化統合の“ホンネ”を探る。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部