Loading
2014年02月26日 00時00分 UPDATE
PR

「科学的管理」で歩留りを改善村田製作所、最先端の生産プロセスを支えるデータマイニング活用術とは

電子部品メーカー最大手の村田製作所は、「SAS Quality Lifecycle Analysis」を利用し、生産工程における歩留り改善に取り組んでいる。生産現場と設計技術、設備技術を詳細かつ俯瞰的に把握し、改善につなげる活動をリポートする。

[ITmedia]

最先端の生産プロセスを支える「科学的管理」

ik_tt_sas01.jpg

 村田製作所のDNAには、データによる裏付けを重視する姿勢が深く刻まれている。業界最先端の技術力を持つ電子部品メーカーであり、多種多様な電子部品を扱う同社は、社是の一節にある「科学的管理を実践し」という言葉を道しるべに、データに基づいた生産プロセスの改善活動を続けてきた。

 その同社がデータマイニングツールを活用し、生産工程における歩留り改善に取り組んでいる。「科学的管理の実践」を社是に掲げ、データに基づく科学的改善活動を行ってきた同社は、どのような果実を手に入れたのだろうか。 生産現場と設計技術、設備技術の詳細を横断的に管理して次の改善につなげる同社のデータマイニング活用術を紹介する。

提供:SAS Institute Japan株式会社

提供:SAS Institute Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部