Loading
2014年06月11日 10時00分 UPDATE
PR

新アーキテクチャがこれまでにない柔軟な拡張を“データ処理の高度化”を実現可能にする新型サーバが登場

企業がITで競合他社との差別化や競争力を強化するためには、データ処理の優劣が勝負の分かれ目になる。“データ処理の高度化”を実現する技術を採用したサーバ製品が今注目を集めている。

[ITmedia]
ik_tt_xeon01.png ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

 企業がこれからの時代を生き延びるには「データ経営」が重要な鍵を握る――大量データの高速処理・分析基盤を比較的安価に構築できるようになり、にわかにそれが現実味を帯びてきた。ハードウェアの価格性能比の向上、インメモリ技術の実用化などを受けて、一般企業でも高性能なデータ処理基盤を構築できる時代を迎えている。

 しかし、最新技術に飛び付けばいいというわけではない。本来の目的にそぐわない技術や製品を選んでしまうと、俊敏かつ柔軟な事業展開のために導入したはずのシステムが、逆に足を引っ張ってしまうことにもなりかねない。では企業は、新たなデータ処理ニーズを満たすために、IT基盤にどのような技術・製品を選択すべきなのだろうか?

 この問いに対する答えは、各企業が抱える固有のニーズや事情によってさまざまに異なるだろう。そんな中、特にニーズが高いといわれる“データ処理の高度化”を支援する製品が発表された。以降で詳しく見ていこう。

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部