Loading
2014年06月16日 10時00分 UPDATE
PR

リモートデスクトップだけでは解決できない「iPadを導入したが、Windowsアプリを使いたい」 そんな課題を解決するには?

iPadを導入したものの、業務での活用が結局進まない――。その原因の1つが、Windowsアプリケーションの利用の難しさだ。リモートデスクトップも万全な解決策ではない。企業が打つべき対策とは?

[ITmedia]

 数あるタブレットの中でも、デザインや操作性に優れる「iPad」。テスト的に一部の部署で、あるいは経営者の“鶴の一声”で全社的に導入したという会社もあるだろう。ところが、全従業員にiPadを持たせても、期待したほどに生産性が上がらないというケースは珍しくない。

 その理由は明白である。従業員はiPadで業務をするというより、iPadで稼働するアプリケーションを使って業務をする、といった方が正しい。一般的な業務のほとんどは、「Microsoft Office」のようなWindowsアプリケーションを利用していることが多く、タブレットのみで全てをまかなうのは難しい。結局、デスクトップPCで作業せざるを得ず、従来の業務スタイルと何ら変わらないというわけである。

 しかし、ノートPCやデスクトップPCがクライアントであることを前提に開発されたWindowsアプリケーションや業務用アプリケーションをiPadから利用する方法があるとすればどうだろうか。持ち運びやすく、バッテリーの持ちがよいというiPadの利点を生かしつつ、いつでもどこでも業務が遂行できる。そんな環境を本当に手に入れるための手法をお伝えしよう。

提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部