Loading
2014年07月07日 10時00分 UPDATE
PR

株式会社ブロードバンドタワー提供ホワイトペーパースケールアウトNASで実現した膨大な手術映像の保存と一元管理システム

鳥取大学医学部附属病院では、医療の安全確保と先端医療研究を目的として手術映像の録画・共有システムを構築。大容量とデータ改ざんを防ぐ機能を備えたストレージとして、スケールアウトNASを採用する。

[ITmedia]

 国立大学法人鳥取大学医学部附属病院は、地域医療を支えるとともに、先端ITの活用を積極的に取り入れてきた。2004年には100%電子カルテ化を実施した他、治療の取り違えを防ぐバーコード付きリストバンドの採用、シンクライアントシステム導入などの取り組みを実施してきた。こうした活動の一環として、同病院では医療の安全確保と患者への説明責任に加え、教育・技術向上にも貢献できる手術映像録画・共有システムの構築を開始する。

 これまでにも映像記録の試みは行われてきたが、一元管理する仕組みが整っておらず、データを探し出すのが困難だった。こうした点を解消するため、高度な検索機能を備えたハイビジョン対応の手術映像・録画システムを導入するが、データの格納先となるストレージが、新たな課題として浮上した。

 同病院は、大容量と性能、スケーラビリティを重視してスケールアウトNASを採用。また、ストレージの状況をデータイメージとして取得するソフトを活用して、データの不正改ざん対策も実現した。本資料では、製品選定からシステム導入までのプロジェクトを紹介。効率的かつ安全なデータ保管と活用による医療サービス向上への取り組みを追う。

提供:株式会社ブロードバンドタワー

提供:株式会社ブロードバンドタワー
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部