Loading
2014年07月14日 10時00分 UPDATE
PR

デルがお勧めするSQL Server SQL Server、“最適”に使えていますか?

ビッグデータへの取り組みが本格化する中、低コストで取扱いやすいデータベースとして選ばれることの多いSQL Server。導入さえすれば何とかなると考えるユーザーは少なくないが、適切なチューニングは不可欠だ。

[ITmedia]

 「Microsoft SQL Server」は、使いやすいうえに高度な機能を搭載していることで人気の高いデータベースである。特に最新の「Microsoft SQL Server 2014」は、ミッションクリティカルなシステムにも適した安全性とパフォーマンス、使い慣れた「Microsoft Excel」を起点としたビジネスインテリジェンス(BI)ツールの操作性、そしてハイブリッド環境に適したクラウドとの親和性を実現し、さらにさまざまなビジネスで活用できるように進化した。

 しかしながら、SQL Serverの利便性や簡便性から、ただ導入さえすればいいと“勘違い”をした結果、思うようにパフォーマンスが得られなかったり、うまく活用できなかったりするケースは少なくない。

 SQL Serverは、大規模環境やミッションクリティカルなシステムにも適した利便性の高いデータベースである。しかしながら、ハードウェアやチューニング、運用など幅広い視点で最適なシステムを構築しなければ、十分なパフォーマンスを発揮できない。しかし、それには高度な知識と膨大な知識が必要であり、ユーザー企業だけではなかなか実現できないのが現状だ。

 そこで本稿では、3つの導入事例を基にSQL Serverで陥りがちな誤りを正し、適切な導入には何が必要であるか、どのようにアプローチすべきかを解説しよう。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部