Loading
2014年10月27日 10時00分 UPDATE
PR

パターンファイル頼りから脱却したエンドポイントセキュリティなぜ、アンチウイルスでは標的型攻撃から自社を守れないのか

アンチウイルスソフトウェアなど、基本的なセキュリティ対策を導入していない企業はもはや少数派だろう。にもかかわらず、「標的型攻撃」をはじめとする最近の脅威による被害は止まらない。その理由とは?

[TechTargetジャパン]

もうパターンファイル頼みでは守れない

 政府機関や特定の企業を狙った「標的型攻撃」に代表されるように、近年のセキュリティ脅威は明確な目的と対象を持ち、犯罪の様相を色濃くしている。ユーザーの意識向上だけでなく、個々のクライアントPCにおけるセキュリティ対策の強化がますます求められているのだ。

 もちろん、多くの企業ではアンチウイルスソフトの導入をはじめとするセキュリティ対策を取ってきているはずだ。にもかかわらず、こうした攻撃による被害は後を絶たない。一体なぜだろうか? それは、「パターンファイル」に頼ってきたこれまでの対策の仕組みに原因がある。以降で詳しく見ていこう。

提供:株式会社シマンテック

提供:株式会社シマンテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部