Loading
2015年01月28日 10時00分 UPDATE
PR

Microsoft Excel+αでここまでできる経営会議のその場で役立つ、「リアルタイム経営分析ツール」構築の必需品とは?

社内に数多くのシステムがあっても連係していないため経営や営業活動に有益な情報を引き出せない。このような悩みを持つ企業に最適なクラウドソリューションが注目を集めている。

[TechTargetジャパン]

 企業を取り巻くビジネス環境が急速に変化し続ける昨今、情報をどれだけうまく生かせるかが競争を勝ち抜くためのポイントだとよく言われる。事実、情報活用をうたった経営改革手法やITツールなどがもてはやされているが、ではそれらが実際に経営にどれだけ貢献できているかというと、心もとないのが実情ではないだろうか。

 せっかく社内外から情報をかき集めてみても、それらに鮮度や量が欠けているために市場変化に対して常に後手に回っていたり、あるいは情報が社内各所に分散してしまっているために、経営の判断材料として有効活用できていなかったりといった声がよく聞かれる。さらには、ビジネスの概況は把握できても、それを現場の個々の課題にまでブレークダウンできないため、課題解決のための効果的な指示を現場に下ろせないといったケースもよく見られるようだ。

 では、一体どうすればこうした課題を解決し、真に経営に資する情報活用を実現できるのだろうか? 多くのユーザーが支持する解を紹介しよう。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部