Loading
2015年02月26日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供ebook「オフィスより自宅の方がはかどる」「電車内でも仕事」――調査で見えた“働き方の新常識”とは?

「仕事はオフィスでするもの」。そんな働き方に関する“ 常識” が今、急速に過去のものになりつつある。グローバルで実施した「テクノロジの進化と働き方に関する調査」で、現代のビジネスパーソンの意識の変化が見えてきた。

[ITmedia]

 モバイル端末やクラウドサービスの普及に伴い、今やオフィス内に限らずさまざまな場所で仕事できるようになった。これを受け、ビジネスパーソンの働き方に対する意識も変わりつつあるようだ。

 日本や米国、中国、インドなど12カ国のフルタイムワーカー4764人を対象にした調査によると、世界のビジネスパーソンのうち35%は「週平均で2時間は公共の場(電車内やカフェなど)で働き、4時間は社外(クライアントのオフィスなど)で仕事をし、週に5時間は在宅で仕事をしている」という。一方、彼らのオフィスでの勤務時間は週平均29時間。つまり、世界のビジネスパーソンの35%は勤務時間全体の約4分の1は社外で働いていることになる。

 多様化するワークスタイルの実態とは? そしてビジネスパーソンを支援するテクノロジーとは? 当コンテンツは“働き方の新常識”を明らかにする。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部