Loading
2015年02月27日 10時00分 UPDATE
PR

ビジネスを成長させるクラウド活用“ITをカフェテリアのように利用”を実現するハイブリッドクラウド環境とは

企業システムでのクラウド活用の広がりとともに、既存システムと組み合わせたハイブリッド環境の事例が増えてきている。一方で、その環境を効率的に運用管理していくための課題も顕在化している。

[TechTargetジャパン]

 今、企業では独立したシステムをクラウド化するだけでなく、ビジネスを支える基幹システムを再構築し、オンプレミスとクラウドを適材適所で利用することにより、それぞれの特徴を生かした柔軟な環境を実現しようとしている。米国はもちろん、日本国内の企業においても、こうした動きが顕著になってきている。

 ビジネスに貢献するハイブリッドクラウド環境を目指す企業にとって、大きな課題となるのが統合的なシステムの運用だ。クラウドの活用でビジネス変化に迅速に対応できるスピードやスケーラビリティを確保できても、システム全体をシームレスかつ統合的に管理し、効率的に運用していかなければ、クラウドのメリットを生かせないだけでなく、無駄なコストが発生してしまう可能性がある。

 そうした状況下において、クラウドの利用が広まってきたからこそ注目されている技術がある。今、企業においてハイブリッドクラウドが求められている背景や運用管理の課題について解説する。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部