Loading
2015年03月05日 10時00分 UPDATE
PR

SDN、VDIなど幅広い分野で利用されるVMware仮想化技術で実用的なサービスを生み出した4つのユーザー事例

多くの企業が仮想化を活用して新たなサービスを展開している。TCO削減だけではない、ビジネスを活性化させるための仮想化とは。ネットワーク仮想化(SDN)やデスクトップ仮想化(VDI)など、4つのユーザー事例を紹介する。

[ITmedia]

 VMwareが中心となって開拓してきた仮想化市場は、猛烈なスピードで進展している。それは製品を提供する側が新しい技術を次々と開発するだけでなく、ユーザー側がそれらを取り込み、積極的に活用しているからだ。

 本稿では、4つの仮想化導入事例を紹介する。テーマは、ネットワーク仮想化(SDN)、プライベートクラウド、仮想環境の運用管理、デスクトップ仮想化(VDI)と多岐にわたる。登場する企業や大学は、ミッションクリティカルなシステムに仮想化技術を導入し、従来では考えられなかった成果をそれぞれの担当者が報告している。

 また、それぞれ独自のコンセプトを構築、策定した上で導入を進めていることも興味深い。4つの事例は各組織の個別の環境、背景を説明するだけでなく、これから仮想化を導入する、あるいは構築した仮想環境をさらに発展させようとする組織にとって示唆に富む情報となるはずだ。

提供:株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社

提供:株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部