Loading
2015年03月10日 10時00分 UPDATE
PR

従来の垂直統合型基盤よりも導入が容易最速15分で仮想マシン構築が可能、ハイブリッドクラウドを支える新たな選択肢

仮想化・クラウド環境の普及により複雑化・煩雑化する企業システム。その構築や運用管理に関する課題を払拭し、今後増加が予想されるハイブリッドクラウド環境を見据えた新しい製品が登場し、注目を集めている。

[TechTargetジャパン]

 企業ITの在り方を大きく変えた仮想化技術。それまで数多く乱立していた物理サーバを仮想化し、少数のサーバに集約することでサーバハードウェアの購入・保守に掛かるコストを削減した。また、手軽にサーバを生成・破棄できることで柔軟かつ俊敏なIT運用が可能になった。

 しかし同時に、仮想化の普及は運用上の新たな課題を企業に突きつけることになった。手軽に構築できる仮想サーバの乱立を招き、その管理が複雑化・煩雑化した。多くの仮想サーバ環境が相乗りするホストサーバのCPU、メモリなどの物理リソースの見積もりが、かつての物理環境よりも難易度を増した。

 ストレージやネットワークの管理は、さらに複雑化している。例えば、多くの仮想マシン間でディスク容量やワークロードを共用するために、ストレージ仮想化機能を搭載した共用ストレージを導入することが多くなった。これらの導入や設定、運用に掛かる手間も一気に増えた。

 複雑化・煩雑化する一方の企業システムの運用管理に、打つ手はないのだろうか? 最近、こうした課題の解決に極めて有用な製品が登場した。「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」と呼ばれる製品群である。本稿では、その詳細を紹介していく。

提供:ネットアップ株式会社、ヴイエムウェア株式会社

提供:ネットアップ株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部