Loading
2015年04月14日 10時00分 UPDATE
PR

既存環境を生かしたVDI導入のヒント今どきのデスクトップ仮想化導入は“1社完結”が賢い理由

限られた予算でVDI導入を成功させるには、サーバ、端末、ネットワークと必要な製品を全てそろえ、導入/保守サービスに至るまでをワンストップで提供し、かつロックインしないベンダーを選ぶことが大切だ。

[ITmedia]

 近年ブレークしたIT技術の1つに、VDI(仮想デスクトップ基盤)がある。その背景には、ハードウェア性能の向上でより多くのデスクトップを仮想環境の上で稼働できるようになり、長らくVDI普及のネックになっていたコストの課題がクリアされてきたことがある。また、「Windows XP」のサポート切れに伴うクライアント環境の見直しも、VDIの普及を大きく後押しすることになった。

 しかし実際にVDIを導入するとなると、システムのサイジングや設計に独自のノウハウが必要で、依然としてハードルが高いと感じる企業が多いことも事実だ。

 ただし、VDIのソリューションは日進月歩で進化を遂げつつある。最新の技術をうまく取り入れ、かつ信頼できるベンダーのサービスを活用すれば、少し前では考えられないほど容易に、かつ低コストでVDIを導入できるようになった。中でもデルが提供するVDIソリューションは、自社で全てのコンポーネントを提供でき、かつ製品だけでなくSIサービスも提供できる総合ベンダーとしての強みを生かし、他に類を見ないほど導入ハードルが低くなっているという。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部