Loading
2015年06月22日 10時00分 UPDATE
PR

「次世代」のニーズは満たされるか大規模クラウド環境のための理想のストレージとは?

クラウド事業者やプライベートクラウドを運用する大規模なエンタープライズユーザーの課題となりがちなのがストレージ。クラウド環境でも緻密な運用管理を行い十分なパフォーマンスを得るための解決策を探る。

[ITmedia]

 「サーバ統合した後に、十分な性能が出なくなった」

 「サーバ統合してもCPUの使用率は低いままでリソースを有効活用できていない」

 「クラウド環境でデータベースやデータウェアハウスを高速に動作させたい」

 「バッチ処理時間のばらつきが大きい」

 「VDI環境で性能問題が発生している」

 これらの問題を容易に解決する手法として、フラッシュストレージの採用が増加中だ。

 だが、同じフラッシュストレージを使うにしても、クラウドインフラでのストレージとして何を選ぶかは悩ましい問題だ。

 アプリケーションが混在するクラウド環境において、それぞれのアプリケーションが最適な性能で稼働できる環境を提供するのは、簡単なことではない。実際、既存製品ではクラウド事業者や広範な事業部門にサービスを提供する大企業のIT部門が期待するレベルに達しているとは言い難い。

 クラウド環境でストレージに求められる機能と、それらを兼ね備える製品について、次のページで紹介する。

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部