Loading
2015年07月02日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャスト増え続けるデータ対策、ストレージ専用OSとx86マシンでコストも抑えて高速化

調査会社IDCによれば、企業内で蓄積されるデータ量は年率60%以上の割合で増加していくという。こうした状況に対し、高額のストレージアプライアンス製品を増設していく手法は立ち行かなくなるだろう。では、それに代わる解決策として、どのようなものが考えられるだろうか。

[ITmedia]

 年率60%以上の割合で増加する企業内データに対してどう対処するか。この課題をクリアした企業だけが、ビッグデータ時代の勝者になるといっても過言ではない。では、そうした企業になるためにはどうすればいいのか。第一に、適正なIT投資によって、増加し続けるデータを迅速に活用できる体制が必要になるだろう。

 データが年率60%で増加しても、IT予算が同様に手当されることはまずない。データに関するIT投資で常に担当者を悩ませているのが、ストレージに対する投資負担だ。アプライアンス製品を買い増していくにしても、限界を感じているユーザーは多い。

 本Webキャストは、ZFSストレージ専用OSとx86マシンを活用して、低コストでハイパフォーマンスなストレージシステムを構築する手法を紹介している。コモディティ化した標準的なハードウェアを活用することでコスト負担を大幅に抑え、しかもアプライアンス製品をしのぐこの手法は、ソフトウェアによるストレージの統合管理を実現し、クラウド環境の高速化にも対応する。具体的なベンチマークテストでの比較検討ができる内容となっており、検討中の担当者にとっては実践的な検討材料となるであろう。


Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサーを搭載可能
ge_intel_xeon151030_2.png

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部