Loading
2015年07月16日 10時00分 UPDATE
PR

SAPユーザーへ提供するユーザーエクスペリエンスとシンプル化「SAP S/4HANA」で加速する基幹業務の再定義への道

最新鋭のインメモリ技術とリアルタイム機能を搭載する「SAP S/4 HANA」で自社の基幹業務システムを刷新しようという企業が増えている。一方、既存環境からの移行に不安を持つ企業も多い。その解決策を探る。

[TechTargetジャパン]

 ERPの世界的ベンダーであるSAPが次世代業務アプリケーション群「SAP S/4 HANA」を発表した。ユーザー企業が自社の基幹業務やIoT(Internet of Things)、ビッグデータに最新鋭のインメモリ技術とリアルタイム機能を最大限に活用できる環境が整いつつあるのだ。現行のERPバージョンのサポートが完了する2025年まで約10年。とはいえ、「基幹システムの再定義」や「既存環境からのSAP HANAへの移行」、そして「どのようにSAP HANA導入を進めればよいのか」など、悩みや課題を抱えるユーザーも少なくない。

 このような課題を解消し、ユーザー企業のシンプルなビジネスモデルやエクスペリエンスの実現を支援するサービスが注目を集めている。SAP基盤導入実績のノウハウを潤沢に持つエキスパートに話を聞いた。

画像
Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサー搭載可能

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部