Loading
2015年07月22日 10時00分 UPDATE
PR

性能で選んでもコストで選んでも答えは同じビッグデータ時代のデータベースサーバに「フラッシュ」を選ぶべき理由

誰もが膨大なデータを扱うことが当たり前になれば、そこにはシステムの課題も生まれる。肥大化するデータソースの負荷に耐えストレスのない高速な処理を実現できるデータベースサーバに何を選ぶかは特に悩ましい。

[ITmedia]

 ビッグデータ活用の動きが拡大している。過去から蓄積された社内データに加え、リアルタイム情報を含めたさまざまな外部データ、さらには「モノのインターネット」(IoT)など、従来なかった種類のデータも含めて横断的に分析することで高度な知見を得ようというわけだ。

 当然、取り扱うデータ量は桁違いに増大しており、データベースサーバにもかつてない高度なデータ処理を高速で実現できる能力が求められている。だが、扱うデータ量が加速度的に増大するからといって、それとともにコストが肥大するようなことが許されるはずもない。どうしたらいいのか。

提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部