Loading
2015年08月04日 10時00分 UPDATE
PR

「オフィスにしばられない働き方」をITで実現多様な人財が活躍できる環境づくりとは? 今求められる「新しい働き方」のススメ

少子高齢化による労働人口減少が顕在化しつつある日本では、人財リスク対策として、ワークタイル変革が企業にとって喫緊の経営課題となっている。課題解決に向けたヒントとして、具体的な取り組みを紹介する。

[ITmedia]

 アベノミクスの「日本再興戦略」に、「働き方の改革」「働く女性支援」といった「働き方」に関る項目が挙げられていることから、今後、労働力の確保が企業の大きな課題になるという認識が広がっている。

 その背景には、少子高齢化による労働人口の減少に加えて、育児や介護による社員の離職増加などがある。企業はこのような人財リスクから逃れられないのだ。

 「うちの会社は、ワークスタイル変革に向けた取り組みは必要ない」。そう考える企業は多いかもしれない。だが、ワークスタイル変革は、一過性のトレンドや、単に社員の福利厚生のために行うものではない。今、しっかりと取り組まなければ、企業の要となる人財確保や雇用維持がままならず、生産性も低下するという悪循環に陥る危険性がある。やがてくる社会構造の変化の中で生き残っていくために必要な施策なのだ。

 では、具体的な取り組みに踏み出すには、一体どのようなポイントをおさえればいいのだろうか。

提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部