Loading
2015年08月10日 10時00分 UPDATE
PR

仮想化やビッグデータなど活用方法は多種多様ビジネスに「スピード」と「拡張性」 事前検証済みシステムの実力とは

急速な市場の変化に即応するには、システムにも迅速な変化が求められる。だが新たなシステムを一から構築するには数カ月掛かることも珍しくない。その問題点を解消するインテグレーテッドソリューションの実力とは。

[ITmedia]

 近年、市場変化にビジネスを柔軟かつ素早く対応させるために、最新技術を迅速に取り入れる必要性が高まっている。だが、新たなシステムを構築するのに、必要な性能を見積もり、システムを構築し、数カ月に及ぶテストとチューニングを繰り返すようでは、スピーディな経営をするのは難しいのが現状だ。

 そこで注目されているのが、サーバとストレージ、ネットワークというインフラの構成要素を組み合わせ、その上で動作するアプリケーションも含め検証済みの形で提供する「インテグレーテッドソリューション」だ。事前に検証されているため、素早く現場に導入することが可能だ。IDC Japanが2015年7月に発表したインテグレーテッドシステム市場予測(※)によると、2019年の同市場は、2014年の市場規模393億円7500万円の1.6倍に当たる、643億5000万円になるなど拡大傾向にある。

 注目度が高まるインテグレーテッドソリューションだが、事前の特定の組み合わせで実証/検証されているため、システム構成の自由度の低さやブラックボックス化されているのではないかといった不安点もある。その不安を解消しつつ、市場変化に対応できるインテグレーテッドソリューションの体系とは何なのかを紹介する。

※出典:IDC Japanプレスリリース「国内インテグレーテッドシステム市場予測を発表」(2015年7月15日)

ge_intellogo0806.jpg





Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、クラウド、ビッグデータ分析、ストレージ、エンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。
Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部