Loading
2015年09月18日 10時00分 UPDATE
PR

“ハードウェア”じゃなきゃいけない理由はもうない!?5つのシーンで見るロードバランサをめぐる課題:解決のためのシンプルな方法とは?

今やビジネスの生命線となったオンラインサービス。コスト削減要求や迅速なサービス化などその課題は多い。こうした中、ソフトウェアロードバランサ導入でこれらさまざまな課題に一挙に対処する企業が増えつつある。

[ITmedia]

 ロードバランサの更新時期を迎え、頭を抱えているのはグローバル製造業のIT部門に勤務する佐藤さんだ。というのも、今後クラウドへ全面的に移行するのか、それともオンプレミスとのハイブリッドで行くのかといったITインフラのグランドデザイン見直し議論が進んでいるからだ。「将来のインフラ戦略が不確定な中、ムダな投資をしないために今、購入すべきロードバランサとは一体どういったものなのだろう?」

 Webをビジネスの主戦場にする企業にとって最も重要なのは、サービスを停止させないこと。小売業のオンラインショッピング事業を担当している鈴木さんにとって、基幹システムともいえるWebシステムの稼働維持は極めて重要だ。「システム停止なんてありえない。でも、そのためにコストが跳ね上がるのも避けなければ……」

 衣料品メーカーのオンライン部門IT担当者である高橋さんは、急速なトラフィック増を受け、突発的なシステム増強の必要性に直面していた。「キャンペーンセールの反響が予想以上なのはうれしいことだけど、だからって来週までにシステム増強なんて無理! どうしたらいいの?」

 予算の適正化プレッシャーに悩まされているのは、大手サービス業IT部門勤務の田中さん。グループ内に分散している各種システムを集約し、最適にリソース配分をしていく方向だが、将来のトラフィック増に備えて大型のロードバランサを購入するのでは大きなムダが生じてしまう。「必要なときに導入し、柔軟にリソースを振り分ける。そんなロードバランサがあればなあ……」

 ユーザーの利便性向上のためには、Webサイトのパフォーマンス向上は不可欠。一方で、Webサイトを狙った攻撃が相次いで明るみに出る中、セキュリティの強化も喫緊の課題となっている。オンラインゲーム運営会社のインフラ担当者である渡辺さんの頭には、「パフォーマンスとセキュリティを両立するには、やっぱりハードウェアロードバランサじゃないと駄目なのかな」との疑問が。

図

 上に挙げた5人の課題は決して珍しいものではなく、社内外を問わずオンラインでサービスを提供する企業全てが直面するものだ。実は、5人の課題を効率的かつ効果的に解決する手段が存在することをご存じだろうか。それが、ブロケード コミュニケーションズ システムズ(以下、ブロケード)が提供するソフトウェアアプライアンス形式のロードバランサである「仮想アプリケーション・デリバリ・コントローラ」(vADC)製品群(以下、Brocade vADC)だ。「Brocade vTraffic Manager」(以下、Brocade vTM)などで構成されるBrocade vADC製品群が5人の課題をどう解決するのか。詳細に説明していこう。

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部