Loading
2015年09月30日 10時00分 UPDATE
PR

先進機能を生かすための解決策ビジネス現場で利用広がる「Windows 10」、運用管理を効率化するには?

待望の「Windows 10」が発表され、今後ビジネス用PCでも利用の増加が見込まれる。一方で、運用管理やセキュリティを担うIT部門ではWindows 10の管理をめぐり混乱が予想される。解決策とは?

[TechTargetジャパン]

 米Microsoftの新OS「Windows 10」が2015年7月29日にリリースされた。Windows 10は、これまでのWindowsとは大きく異なる進化を遂げ、クラウドをベースにした次世代のOSとして位置付けられている。個人向けデバイスとしては、既にWindows 10がプリインストールされたPCやタブレットが続々登場しているが、企業のクライアントPCへの導入はこれからというのが現状だ。

 今回のWindows 10では、エンタープライズ向け機能に関して大幅な変更が行われている。例えば、Windows Updateの自動化やマルチデバイスへのシームレスな対応によって、従来の運用管理の仕組みが劇的に変わる可能性もある。また、セキュリティについても新しい機能が搭載されており、企業システムの中でどう活用していくかが重要なポイントになりそうだ。

 本稿では、Windows 10のエンタープライズ機能にフォーカスを当て、これから先のWindows 10への移行に向けた課題と解決策を探る。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部