Loading
2015年10月26日 10時00分 UPDATE
PR

従来のセキュリティ製品とは一線を画す「機械学習」で内なる脅威も即発見、新機軸のセキュリティ対策とは

高度化した標的型攻撃が猛威を振るい、内部犯行の脅威も高まっている。人的・技術的な負担を軽減しつつ、こうしたリスクに有用なセキュリティ製品が今、注目を集めている。

[TechTargetジャパン]

 企業や組織、個人を狙ったサイバー攻撃が一般化してきた。ゼロデイ攻撃や標的型攻撃、フィッシング、マルウェアの侵入など、企業ネットワークは日々サイバー攻撃の脅威にさらされている。その対策として、多くの企業がファイアウォールを導入している。不審なアプリケーションの通信をインターネットとLANの境界、いわゆる出入口で防ぐ境界防御型の機能だ。しかし、高度化する各種サイバー攻撃に対しては十分とはいえないのが現状だ。どんなに高い壁を設けても、ウイルスの侵入を完全に遮断することは不可能だからである。

 そこで重要となるのが、企業ネットワークの内部対策である。情報漏えい事件が大々的に報道され、外部からの脅威が注目されている。しかし、外部からの不正侵入を助長する要因は、企業内部にも多く存在する。加えて、外部から侵入したマルウェアによる情報搾取だけでなく、企業の内部犯行者による情報漏えいも頻発している。多くの企業ではこうした脅威に対抗するどころか、場合によってはその痕跡すら発見できない可能性も高い。そうした非常にリスクの高い脅威を放置していいはずがない。では一体どうすればよいのだろうか。

 そんな中、企業ネットワークの有効な内部対策として注目を集めるサービスの国内提供が開始された。従来のセキュリティ製品とは一線を画す機能を有するサービスを紹介する。

提供:グローバルセキュリティエキスパート株式会社

提供:グローバルセキュリティエキスパート株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部