Loading
2015年10月30日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供WebキャストIoT活用の「3つの課題」、リアルタイム分析を実現する次世代エコシステム

IoTによるビッグデータ分析をビジネスに活用するためには、「曖昧なゴール」「データの互換性や接続性」「古いIT技術の利用」といった課題を解決する必要がある。このような課題を解決し、ビジネス上の課題も解決するビッグデータ活用のメリットについて解説する。

[ITmedia]

 IoTを活用したビッグデータ分析を、イノベーション創出や、ビジネスのさらなる成長につなげようと考える企業は多い。今後5年間でデータ量は650%増加するという数字もある。一方、ビッグデータ活用には、ビジネスゴールが明確でないという課題や、データ連携や互換性の問題、適切なIT技術の導入といった課題がある。そこで新たなテクノロジーを用い、ビジネス上の課題と技術的課題を解決しようというのがデルのビッグデータソリューションの考え方だ。

 本Webキャストは、IoT活用によるビッグデータソリューションの解説である。「センサー/拠点DB」「ゲートウェイ/データ転送」「データウェアハウス」「分析/レポーティング」といったフレームワークで整理されており、これからIoT活用を検討する担当者にも分かりやすい解説となっている。

 特に、データウェアハウスと分析/レポーティングに関しては、SAP HANAと自社のアナリティクスツールを活用し、営業、マーケティングに必要なレポーティングをリアルタイムに提供してシャドーITを排除した事例を交えて解説されており、IoT活用を検討するIT担当者には、ぜひ確認してほしい内容となっている。

Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサーを搭載可能
ge_intel_xeon151030.png
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部