Loading
2015年12月25日 10時00分 UPDATE
PR

重要なのは「思い付いたらすぐに実行」1年かかる新規ビジネス立ち上げを最短1カ月で、先進的アイデアを実現する秘訣

「コンサルティング」と「システム開発」は長らく役割分担がなされてきた。そのため、新規ビジネスが思い浮かんでも、実現に時間がかかってしまっていた。この問題を解決する手だてはあるのだろうか。

[ITmedia]

 企業システムにおいて長らく「コンサルティング」と「システム開発」は役割分担がなされてきた。何か新規ビジネスの構想が浮かんだとしても、まずは綿密な事業企画書が必要となる。調査や施行などを経て、実際に事業開始に至るまでにはそれなりの時間が必要とされてきた。

 しかし近年、ビジネスを悠長に進めていたら、誰かに先を越されてしまう。また、技術の進歩は目まぐるしい。モバイルやクラウド、位置情報など日々新しい技術が生まれている。それらの技術を活用した新しいアイデアが生まれれば、コンサルタントだろうとシステム開発担当だろうと、すぐに具現化できることが今後のビジネスの勝利の決め手となる。

 では、最新の技術を生かしながら、スピード感を持って画期的な新規ビジネスを立ち上げるにはどうすればいいのだろうか。今回、新規ビジネスのコンサルティングが中心でありながらも自社内に開発部隊を持つWebコンサルティング企業に、驚異的な速さで新規ビジネスをスタートにこぎ着けられるようになったいきさつや背景について聞いた。

提供:株式会社クリエイティブホープ

提供:株式会社クリエイティブホープ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部