Loading
2016年01月29日 15時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャストビジネスニーズに応じたシステム基盤を構築する「次世代統合アーキテクチャ」とは

既存のITインフラを活用しながら、ビジネスのニーズに合わせて計算ノード、ストレージ、管理、I/Oなどを汎用サーバで構築する次世代統合アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」。その特長をプロダクトマネジャーが対話形式で明らかにする。

[ITmedia]

 企業は、既存のITインフラを活用しながら、効率的かつ柔軟にシステムを使用し、最新のアプリケーションワークロードに対応する必要がある。そこで、ベンダーロックインなしに、汎用的なインフラ部品を用途に応じて組み替えていく、システム基盤構築に注目が集まる。

 本Webキャストは、次世代統合アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」について解説している。2Uサイズのシャシーに、サーバやストレージ、スイッチなどを「ブロック」のように組み合わせて構成するプラットフォームだ。Webホスティング向け、アプリケーションサーバや計算クラスタ向け、HPCや分散ファイルシステム向けなど、ビジネスニーズに応じたデータセンター構築の効率化を実現するアーキテクチャについて、プロダクトマネジャーがユーザーと対話形式で解説している。

 データウェアハウス、仮想化環境、Hadoopクラスタ、HPC、マイクロサーバなど、ニーズに合ったITインフラを構築したいと考えるIT部門の担当者には、ぜひ確認してほしい内容となっている。

画像
Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサー搭載可能

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。