Loading
2016年02月01日 10時00分 UPDATE
PR

アプリ開発を抜本的に改善できる魔法のようなツールアプリ開発の生産性向上を実現する“ハイレベルな開発ツール”とは?

多くのIT部門が現在、ビジネス環境の変化に俊敏に対応するために開発生産性の向上を求められている。限られたIT予算で既存システムの保守と新規開発の効率を最大化できる開発ツールとは?

[TechTargetジャパン]

 企業のIT投資を概観すると、総じてその7〜8割が保守や運用に割かれている。戦略的なIT活用に責を負うIT部門からすれば、新規開発に割ける予算の少なさは頭の痛い問題である。

 だが、現状の見直しは非常に困難だ。その根本には、環境変化に応じた継続的なシステム改修が不可欠なことがある。現場業務が見直されれば、当然、ビジネスロジックの変更が発生する。また、ハードウェアやOSのEOS(保守サポート終了)などへの対応も求められる。

 そこで問題となるのが、システムが複雑さを増すほど、またシステムにより高い信頼性が求められるほど、対応作業により多くのコストと時間を要すことだ。保守費用の高止まりを招き、技術者の時間も割かれることが、現場の求めに応じた機敏な開発の“足かせ”となっている。

 開発を外部に委託している企業も多い。その場合、システム改修の度に追加のコスト負担が避けられない。また、外注先への依存度が高まることがシステムの硬直化を招き、柔軟な見直しを難しくすることもある。

 IT予算の有効利用を考えれば、この状況の打開はITスタッフにとっての“悲願”といえる。本稿では、その実践に向けた具体的な方策を紹介する。

提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部