Loading
2016年02月17日 10時00分 公開
PR

これでみんな“分析の神様”に全社員がアナリストになれる「簡単分析」なBIをフル活用するためのノウハウ

ビジネスで必須の「先を読む」ためには、多種多様な切り口で業績の実態を正確に把握する必要がある。動きの速い現代では、リアルタイムで誰もが「自分たちの正しい姿」を捉えなければならない。

[TechTarget]

 データ分析という言葉がビジネスの世界で頻繁に話題に上るようになり、データ活用の重要性が広く認知される中で、数字をリアルタイムに読んで経営や業務上の迅速な意思決定に活用したいと考える企業が日に日に増加している。

 そこで、日々繰り返されるExcelでの膨大な集計作業に限界を感じ、「Microsoft Excel」からBIツールへの移行を検討する企業も多い。

 しかし、「操作が簡単で、ダッシュボードのグラフィックもきれい」と言われて検討し始めたBI(ビジネスインテリジェンス)ツールのはずが、「操作自体は簡単だけど、売り上げ集計ぐらいしか活用方法が思いつかない」「仕入れ分析、在庫分析、原価分析、会計分析などもやりたいのに、そもそも何を分析したらよいのか分からない」といった、分析のノウハウがないことがネックになるケースも実は少なくない。

 操作が簡単、グラフィックがきれいと銘打ったBIツールはよく聞くが、本質的な機能で「分析が簡単な」BIツールは世の中にないものだろうか? 現代ビジネスでは情シス部門はもちろん、経営層や業務部門、営業部門など、社員全員が誰でも簡単に分析できるBIツールを求めている。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部