Loading
2016年02月23日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供WebキャストハイパーコンバージドアプライアンスがもたらすシンプルかつスケールアウトによるIT環境の革新

サーバとストレージを同じアプライアンス内の仮想環境上に実装することで、システム管理者は、新しいワークロードを迅速かつシンプルに導入できる。Nutanixのソフトを搭載する「Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンス」による仮想化やVDI用途の使用イメージを見てみよう。

[ITmedia]

 VDIやプライベートクラウドなどの高度に仮想化されたワークロードを拡張したり、管理する場合、従来のシステムでは運用が複雑であった。

 そこで時間と手間を省き、管理費用を削減する効率的なソリューションとして、サーバとストレージを組合わせたハイパーコンバージドアプライアンスというプラットフォームが注目されている。「共有なし」のクラスタ環境全体のフラッシュディスクストレージの管理ができ、全てのノードに、コンピュートノード、ストレージコントローラーが稼働しており、管理のシンプル化、迅速な拡張が可能になる。

 「Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンス」は、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載した「Dell PowerEdgeサーバ」と、NutanixのWebスケールソフトウェアが組み合わされたハイパーコンバージドアプライアンス。スナップショット、レプリケーション、重複排除機能も持ち、多様なハイパーバイザーに対応している。

 本Webキャストでは、Dell XCシリーズの導入による拡張性、効率性、シンプルさ、信頼性の向上の効果について説明している。システム管理者には、ぜひその内容を確認してもらいたい。

画像
Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

Dell XC シリーズはVDI構築に最適なインテル® Xeon® プロセッサー搭載可能

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。