Loading
2016年02月24日 10時00分 UPDATE
PR

高度な人材戦略なくして企業は成功できない最新ツールに見るタレントマネジメントの成功の秘策とは

人材一人一人の能力を把握し、効果的に生かすべく統合的に管理するタレントマネジメントの重要性が高まっている。しかし、安易に導入しても必ず成功するわけではない。日本企業独特の成功ノウハウがある。

[TechTargetジャパン]

 グローバル化、開発サイクルや製品サイクルの短期化、情報量の激増……。加速し続ける現在のビジネスの動きに、個人の知見に頼った従来型の人材戦略はもはや追い付けないことにお気付きだろう。こうした中、多様な軸による評価で人材の資質を可視化し、適材適所の配置を実現するタレントマネジメントの重要性が高まっている。先行して取り組んだ一部のグローバル企業からは、既に成功談も聞こえるようになってきた。

 しかし、全体運用にこだわりすぎたり、欧米流の人事評価の考え方をそのまま取り入れたりしたタレントマネジメントは、日本的な商慣習になじみにくいという一面も持ち合わせている。そのため安易に他社の事例をまねしても、必ず成功につながるとは言い切れない。日本企業はどのようにタレントマネジメントすべきなのか、最新のツールから手法を読み解く。

提供:株式会社電通国際情報サービス

提供:株式会社電通国際情報サービス
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部