Loading
2016年02月25日 10時00分 UPDATE
PR

システムとデータを効率的にバックアップ意外と知らない「クラウドでバックアップを取る方法」、その手軽な手段とは

システムやデータのバックアップ先としてクラウドの採用を検討しつつも、実現方法が分からず二の足を踏む企業も少なくない。最近ではコストを抑えた実現手段も登場し、ハードルは下がりつつある。具体策を示す。

[ITmedia]

 事業継続性の確保は、あらゆる企業にとって必須の取り組みだ。東日本大震災の教訓から、システム的な対策の必要性も広く知られることとなり、既に多くの企業が何らかの対策を取っている。

 その手法は幾つかある。事業の中核となるシステム保護のために、テープによるデータのバックアップを取得する企業は少なくない。もちろん、いち早いシステム復旧を実現するためには、待機系システムを構築した上で、本番環境とのデータのミラーリングを施すことが望ましい。だが本番環境と同じシステムを別サイトで常時稼働させねばならず、システムにまつわるコストや手間が、単純計算で倍増しまう。

 こうした中、クラウドの利用拡大を受け、より安価なバックアップ先としてクラウドに注目する動きが盛り上がりつつある。だが実際にクラウドでのバックアップに踏み切ろうとするも、具体的な手順や手段が分からず、あるいは想定外のコストが掛かることを心配して、導入に二の足を踏む企業も少なくないのが現状だ。本稿では、クラウドを利用した安価で簡単なバックアップの実現に役立つ、具体的な手段を紹介する。

提供:アセンテック株式会社

提供:アセンテック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部