Loading
2016年06月29日 15時00分 UPDATE
PR

IaaSベンダーが提供するマイクロセグメンテーションDaaS便利な「VDI」の面倒事から解放される“持たずに使う”という選択肢

初期投資額やシステムの運用負荷の高さを前に、VDIの採用に二の足を踏んだり、運用継続を諦めたりする企業は少なくない。実は、こうしたVDIの面倒なところを丸ごとお任せでき、かつ安全性も確保できる手段がある。

[廣瀬治郎,TechTargetジャパン]

 「デスクトップ仮想化(VDI)」は、企業のクライアント環境を整備するポピュラーな手段として知られるようになった。VDIはデスクトップPCの処理をサーバ側へ移管し、従業員がいつでもどこでもセキュアに自分の業務環境を利用できるようにする。ワークスタイル変革を推進し、業務効率化やモチベーションの向上に大いに役立つ。昨今では、セキュリティ対策の1つとしてVDIの導入を検討するケースが増えているという。

 だがスタッフの働き方が改善されている一方で、VDIシステムの導入や運用には大きな負荷がかかるのも事実だ。

 特にオンプレミス(社内運用)のVDIシステムは、サーバ、ストレージ、ネットワークといったインフラの刷新や追加導入が必要になることが多く、初期費用が高額になりがちだ。サイジングも困難で、後から発生した追加要件への対処が必要になるケースも少なくない。運用にもさまざまなスキルが必要で、トラブルシューティングには高度な技術力が必要だ。結局、高額な導入・運用コストを前に、活用を断念してしまう企業も少なくない。

 そこで注目したいのが、VDIシステムを自社で構築せず、社外のVDIシステムをサービスとして利用するという選択肢だ。こうしたサービスは「DaaS(Desktop as a Service)」と呼ばれ、登場当初こそオンプレミスVDIに劣る部分もあったが、クラウドやネットワークなどの技術向上で使い勝手のよいサービスへと進化してきた。本稿ではDaaSのメリットや選定ポイントなどについて解説しよう。

提供:ニフティ株式会社

提供:ニフティ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部