Loading
2016年06月30日 10時00分 UPDATE
PR

富士ソフト株式会社提供ホワイトペーパーネットワーク仮想化でVDIの3大課題を一気に解決 その秘密とは?

VDIを導入した企業の中には、ネットワークの負荷増大、ユーザー数の増加、セキュリティセグメントの細分化などへの対応を課題とするケースが見られる。そこで、これらの課題を解決するネットワーク仮想化の技術を紹介する。

[ITmedia]

 システム運用の効率化やセキュリティの向上などを目的として利用が進むVDI(仮想デスクトップインフラ)だが、導入に伴う特定箇所へのネットワーク負荷の集中や、ユーザーの増加に伴う物理アプライアンスの不足などの課題を抱える企業も少なからず見られる。

 通信処理が物理ルーターなどに集中することはVDIが遅くなる原因となる。また、ユーザー数に合わせて物理アプライアンスを追加する方法では、迅速な構成変更や運用の自動化をすることが難しい。そこで、仮想環境でルーティング処理を行い、仮想ネットワークアプライアンスを自由に増設できるネットワーク仮想化が利用されるようになった。

 この方式であれば、既存ネットワークを変えずに仮想マシン単位でのセキュリティが確保できるため、標的型攻撃などへの対策としても注目されている。これらのメリットを持つネットワーク仮想化が、どのような仕組みで実現されるのか、さらに詳しく見ていこう。