Loading
2016年08月01日 15時00分 UPDATE
PR

AWSで実現するWindows「DevOps」環境(後編)AWSで実現する「Infrastructure as Code」、クラウド時代に求められるIT運用とは?

クラウドを使った開発が一般的になることで、その運用にも新たな課題が浮上している。開発スピードが上っても運用に負荷が掛かれば、クラウド開発のメリットを得られない。Windows環境における最適なIT運用を考える。

[柴田克己,TechTargetジャパン]

 「必要な時」に「必要な量」のITリソースを迅速に調達できるクラウドサービス(IaaS/PaaS)の登場によって、企業におけるIT基盤の在り方は変わった。全てを自社で所有し、運用管理する「オンプレミス」から「クラウド」へのシフトは、変化への適応やスピード感といったビジネスサイドの要請に、ITシステムが応えていくための必須要素となっている。

 加えて近年は、ビジネスにおけるソフトウェアの重要性が増すにつれ、より短い期間で迅速にサービスリリースと改善を繰り返していく「DevOps」が注目されている。DevOpsにおいては、「開発」と「運用」を担当するエンジニアが、互いに情報を共有し、協力しながらシステムを作り上げる環境を作ることで、デリバリサーサイクルを高速化し、ビジネスサイドの要請に応えていく。

 クラウドとDevOpsの流れから従来のWindowsソフトウェア開発者にも変化が訪れている。今回は「DevOps」の「Ops」、つまり「運用」の観点で、Windowsユーザーがクラウドをどのように生かせるかを見ていく。

提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部