Loading
2016年09月09日 10時00分 UPDATE
PR

データ管理は効率化から活用、そして変革の時代へ企業を“プラットフォーム縛り”から解放する、次世代のデータ管理の在り方とは

オンプレミスでもクラウドでも、プラットフォームに縛られず、データを自由に移動し活用したい――そんなニーズをかなえる新しいデータ管理手法を紹介する。

[ITmedia]

 “データドリブンビジネス”というキーワードが広まりつつあるように、現代のビジネスにとってデータは非常に重要な役割を担っている。企業のIT担当者は、効率よく低コストでデータを管理するだけでなく、日々増え続けるデータに価値を見いだし、新しいデータ活用の手法や技術を取り入れる必要がある。

 そのためには社内のオンプレミスシステムだけでなく、モバイルデバイスやクラウドサービスを柔軟かつ迅速に活用し、場所や時間を問わないビジネスの推進が求められる。

 こうした時代の潮流に乗るためには、今までと同じデータ管理の方法では立ち行かなくなる。次世代のデータ管理とはどのようなものか。プラットフォームに縛られず、自由にデータを保存し活用できる、そんな理想形を探ってみよう。

提供:ネットアップ株式会社

提供:ネットアップ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部