Loading
2016年11月21日 10時00分 UPDATE
PR

仮想環境“健康診断”のススメ【後編】メタボな仮想化基盤に効く、実績豊富な「健康診断サービス」とは

知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。

[ITmedia]

 企業が新たにシステムを構築したり、既存システムを刷新したりする際には、仮想化基盤にシステムを構築することが当たり前になった。仮想環境では、サーバを立てる際にハードウェアを調達、設置する必要がないため、従来の物理環境と比べ手軽にサーバを構築できるようになった。これによって企業はシステムのアジリティを高めると同時に、ITリソースの調達コストを大幅に削減することが可能になった。

 しかし手軽に仮想サーバを追加できる仮想環境のメリットは、運用のやり方次第ではそのままデメリットにも転じかねない。次々と仮想サーバを立てていった結果、すぐにシステムリソースを食いつぶしてしまうケースが後を絶たないという。

 そこで近年、仮想化時代に新たに持ち上がってきたこの新たな問題に対するユニークな解決法が注目を集め始めている。それが、企業が運用する仮想化基盤のその時々の状態を定期的にチェックする「健康診断」サービスだ。

提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ヴイエムウェア株式会社

提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部