Loading
2016年12月27日 10時00分 UPDATE
PR

クラウド移行に踏み切った2つの理由情報共有がリアルタイムに、データ移行も安心できる業務アプリのクラウド移行術

今までオンプレミスで活用していた業務アプリをクラウドに移行したら、どのような効果があるのだろうか。本稿では、業務アプリを「Office 365」に移行した企業の導入後を追跡した。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」などのOfficeソフトウェアをはじめ、メール、スケジュールサービスの「Exchange Online」や、情報、ファイル共有サービスの「SharePoint Online」、Web会議サービスの「Skype for Business Online」など、さまざまな機能を持つグループウェア「Office 365」。

 いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、メールやOfficeソフトウェアへ素早くアクセスできる。その利便性の高さが業務の効率化やスピードアップを生むことは、誰でも想像できるメリットだ。だが実際、導入企業では、どのようにOffice 365の各種サービスが活用され、どんなメリットがもたらされているのだろうか。

 そこで今回は、ある企業の「Office 365導入後」を追跡してみた。この企業は、3カ年計画で社内インフラのクラウド化を推進中だ。その計画の最終年にあたる今期、オンプレミスで運用していたメールサーバのリプレースタイミングでOffice 365へ移行。現在、Exchange OnlineとSharePoint Onlineを活用中だという。さらに同社の情報システム部門は、クラウド化が一段落する来期、Office 365のSkype for Business Onlineなどを活用した社内コミュニケーション活性化を計画しているという。Office 365は、コミュニケーション活性化の切り札にもなり得るのだろうか。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部