2016年12月28日 10時00分 UPDATE
PR

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパーTCOと運用負荷を軽減 HCIとクラウドで作る「VDI2.0」とは?

セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上をかなえる一方で、コストや管理性が課題といわれるVDI(仮想デスクトップインフラ)。クラウドとオンプレミスのハイブリッド型でこれらの問題を解決する VDI2.0について、その特長と、検証結果をまとめた。

[ITmedia]

 セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上をかなえる一方で、コストや管理性が課題といわれるVDI(仮想デスクトップインフラ)。「VDI2.0」はこれらの課題に対し、構築時間短縮や運用負荷軽減、スケーラビリティで応える。

 VDI2.0 は、Workspot 社が提供するクラウドサービスと、ハイパーコンバージドインフラからなるオンプレミスシステムで構成される、ハイブリッドクラウドVDIだ。

 本コンテンツでは、VDI2.0の仕組みと従来型VDI(VDI1.0)との違いや、レノボのハイパーコンバージドインフラ「Lenovo Converged HX」を用いて構築したオンプレミスシステムとのハイブリッド環境における検証結果を掲載。「実際に動く環境」としてのVDI2.0を、構築時の手順や、従来型のVDI1.0との性能比較を中心としたレポートとしてまとめている。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

TEL:0120-68-6200

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)

URL:http://www.lenovojp.com/business/product/server/


提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部