Loading
2017年02月01日 10時00分 UPDATE
PR

「IBM Bluemix」上で、高速開発ツールが利用可能に基幹系をクラウドで「高速開発」する時代へ、先進技術との連係も魅力

基幹系システムの開発環境にクラウドを活用することには、期待と同時に不安もある。だが信頼のおけるIBMクラウド基盤で「高速開発」を実現するサービスが登場する。

[ITmedia]

 多くの企業において、SaaSアプリケーションが業務で使われるようになり、また大規模な業務システムがIaaSに構築されるようになった。近年ではPaaSを使った業務システム開発も盛んで、API連係やDockerなどの技術をPaaSを通じて業務システムに取り入れる動きも出てきている。

 しかしこうした動きは、業務システムの中でもWebのフロント系システムや情報系システムが中心で、企業活動の中核を担う基幹系システムの開発やメンテナンスとは相性が悪いと考える人が多いようだ。何よりも信頼性や安定性が求められる基幹系システムにおいては、先進性よりもやはり実績が重んじられる。そのため、クラウドへの移行に二の足を踏む企業も少なくない。

 裏を返せば、たとえクラウド基盤であっても、基幹系システムで実績のある開発フレームワークが使えるのであれば、そうした懸念は払拭されるはずだ。まさにこれを実現したのが、2017年2月より提供される「The 蔵人 for 楽々Framework」だ。クラウドが提供するさまざまなメリットを享受できるとともに、長い実績に裏打ちされた信頼性の高い基幹系システム向け開発フレームワークを、そのまま使ってシステムを構築できるという。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部