Loading
2017年02月06日 10時00分 公開
PR

BIを導入したのになぜ……?業務部門にExcel作業が残り続ける理由

なぜ、BIを導入したにもかかわらず現場はExcelによる集計、分析作業を強いられているのだろうか。業務部門の担当者が “脱Excel”を実現するには、どうすればいいのだろうか。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 「毎月の業績データ集計とレポーティングに、今でも数週間かかる……」

 これは、BI導入企業の担当者が思いがけず口にした言葉。データ集計、分析、レポーティングにおける情シスや業務部門の負担を軽減するために導入したはずのBIツールなのに、導入前と変わらず、大きな負担がかかり続けているのだという。

 「BIを導入しても、自分たちの作業は結局Microsoft Excel。だから以前と変わらない」

 このようなケースは、何もこの企業に限ったことではない。多くのBI導入企業で起きている悲しい現実なのだ。なぜ、BIを導入したにもかかわらず、現場はExcelによる集計、分析作業を強いられているのだろうか。業務部門の担当者が“脱Excel”を実現し、多大な負担から解放されるには、どうすればいいのだろうか。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部