Loading
2017年02月16日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?

仮想化環境への高い要求水準を満たすために「ハイパーコンバージドインフラ」を導入する事例が増えている。低コストかつ高パフォーマンスな仮想化環境を求める企業が、いま選ぶべき製品とは何か? ESGが実施した検証結果を基に、その条件を明らかにする。

[ITmedia]
画像

 近年、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の導入が進む背景には、サービスとサポート、拡張性、仮想マシン(VM)のプロビジョニングに対する高い要求がある。特に、単一の障害がインフラ全体に及ぼす影響を考えたとき、冗長性と可用性に優れ、管理も手軽に行えるHCIのメリットが際立つ。

 このHCIの導入に際して、多くの企業が目的としているのが、主要なビジネスアプリケーションの格納と低コストでの仮想化だ。エントリーレベルとして提供されるHCIは、それらの目的に合致するだけでなく、小規模なところから仮想化環境を始めたい組織にも適している。

 それでは、エントリークラスのHCIは実際にどの程度のパフォーマンスを発揮するのだろうか。本コンテンツでは、IT調査会社のESGが「導入のシンプルさ」「管理性」「シンプルなスケールアウト機能」「パフォーマンス」「信頼性」の5項目について行った検証を基に、低コストかつ容易に導入できるHCIの条件を明らかにする。

画像

Intel Inside®
新たな可能性を切り拓く


最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。


インテル® Xeon® プロセッサー搭載