Loading
2017年02月15日 10時00分 UPDATE
PR

“所有”から“利用”の流れがPCにも単なるレンタルではない、導入から運用管理まで楽にする「PCのサービス化」とは

サーバや業務アプリなどビジネスで使うITシステムの多くをサービスとして利用している企業は多い。普段使うPCをサービス化できたらどのようなメリットがあるのだろうか。

[ITmedia]

 データセンターのラックサービスやホスティングサービス、業務アプリケーションのクラウドサービスなど、ビジネスに利用するITシステムの多くはサービスとして提供されるようになった。時に足かせともなる資産を保有せず、ITをオンデマンドに利用するという考え方が、企業の競争力を高める上で浸透しつつある。

 ところが、いつまでもサービス化の流れに乗れないITが1つある。私たちが直接利用するPCだ。

 多くの企業は、サーバやアプリケーションをサービスとして“利用”(レンタル)している一方で、PCだけは購入したり、リースしたりして資産を“保有”することを選択している。その結果、運用に大きな負荷が掛かり、セキュリティリスクをも抱えることになっている。では、いっそPCもサービスとして“利用”する、つまりレンタルすればよいのではないだろうか。

 ただし、単にレンタルするだけで、PCをサービス化できるわけではない。そこで本稿は、これまでIT担当者を煩わせてきたPC管理をオンデマンドに利用する方法を紹介しよう。

提供:横河レンタ・リース株式会社

提供:横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部