Loading
2017年02月23日 10時00分 UPDATE
PR

日本特有の商習慣にどう対応すべきなのか最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革”

海外で進むデジタルトランスフォーメーション。だが日本では特有の商習慣があり、海外と比べるとまだ足踏み状態になっている。この状況を打破するにはどうすればいいのか。

[ITmedia]

 ビッグデータにクラウド、人工知能、それにモノのインターネット(IoT)……。近年のビジネスを取り巻くITの革新スピードには、目を見張るものがある。こうした先進技術をいち早く取り入れて急成長を遂げた新興企業が、さまざまな業界において既存のビジネスルールを破壊する「ディスラプター」として頭角を現している。

 今やあらゆる業種、業態の企業において、経営やビジネスモデル、サービスに対して積極的にITを取り入れるデジタルトランスフォーメーションに取り組まないと、今後の成長はおろか生き残りさえ危うくなるといわれている。事実、こうした危機感を抱く企業も出てきてはいる。だが海外と比べると、多くの日本企業はまだ足踏み状態にとどまっているのが実情だ。

 その理由は幾つか考えられるが、大きな要因の1つとして「紙の文化」から脱しきれていないことが挙げられる。日本特有の商習慣から、いまだに紙とハンコのワークフローから脱しきれず、生産性アップが頭打ちになりデジタルトランスフォーメーションの世界に至ることができずにいる企業が実に多いのだ。

 こうした悩みに直面する企業は、今後どのようにデジタルトランスフォーメーションに取り組めばいいのだろうか。その課題を乗り越える方法を紹介する。

提供:アドビ システムズ 株式会社

提供:アドビ システムズ 株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部