Loading
2017年03月17日 10時00分 UPDATE
PR

岡三情報システムの挑戦証券システムを支える堅牢な保守基盤をハイパーコンバージドシステムで実現

岡三情報システムが、保守ツール稼働基盤として「Lenovo Converged HXシリーズ」を導入した。運用と投資の効率化を図るとともに、トラブル発生時の迅速な対応も目指ざしている。

[ITmedia]

 証券フロントシステムは、ミッションクリティカルなシステムの中でも代表的なものの1つといえる。ほんのわずかなレスポンスの遅延やダウンタイムが、直接的な利便性に直結するからだ。当然ながら、システムの安定稼働を支えるためには、24時間365日、迅速な対応が可能となる保守ツール群の充実が不可欠だ。

 岡三証券グループのシステムを支える岡三情報システムが、今後始動する証券フロントシステムの保守ツール稼働基盤構築に取り組んでいる。これまで一部業務を外部へ委託することもあった同社だが、より安定した運用、迅速な障害対応、ガバナンスの強化、運用コストの削減などITの戦略的価値を高めることを目的として「内製化」へのチャレンジに舵を切ったのだ。

 新たな基盤を担うインフラの要件として求めたものは、構築期間の短さやコスト面といった目先の課題解決だけでなく、将来にわたって優れたパフォーマンスと拡張性、耐障害性を期待できること。同社が選んだのは、サーバとストレージ、ネットワークが垂直統合された最新のハイパーコンバージドシステムだった。本コンテンツでは、導入決定から3カ月で保守ツール基盤の稼働に至った同社の取り組みを詳細に解説しよう。

※この記事は、ITmedia エンタープライズが作成した記事を転載したものです。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

レノボ・ジャパン株式会社

URL:http://www.lenovojp.com/business/product/server/

TEL:0120-68-6200(平日9時〜17時30分)

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部