Loading
2017年05月30日 10時00分 UPDATE
PR

SAP のプラットフォームとして IBM Cloudを選択すべき理由徹底解説:SAPをクラウドで活用する3つのパターン、最善の選択肢は?

ERPをクラウド化したいと考える場合、企業システムの中心を担うだけにその実現方法は慎重に検討したい。IBMがSAPシステム向けに用意する3つのサービスラインアップから、ニーズに合わせた選択肢を探る。

[ITmedia]

 もはや、企業システムの代表格であるERPにおいての利用でも一般的になりつつあるクラウド環境。しかし、ERPをクラウドに移行する際の課題やクラウド環境の最適な選択肢やクラウド固有の制約に悩まれるユーザーも多いのも実情であろう。

 IBM 平山 毅氏 IBM 平山 毅氏

 「もともとSAPは、IBM出身者によって創業された企業で、両社の間には40年以上にわたる強い協力関係があります。IBMは数多くの実績を持つ『SAPデリバリーサービス』『SAPコンピテンシーセンター』を有しており、そのノウハウは『SAP on IBM Cloud』においても最大限に生かされています。そして、SAPのクラウド戦略とIBMのクラウド戦略は、エンタープライズシステムにデジタルイノベーションを起こすためのプラットフォームをゴールにするという方向性で合致しており、両社の得意分野を融合し、完全に一体のクラウドとして考えてもよいほどの親和性があります。クラウドのビッグ4(注)と呼ばれるベンダーの全てが、SAP認証を取得した現状でも、SAP on IBM Cloud には特徴的な差別化ポイントとお客さまのニーズに合わせた多様な選択肢があります」。こう話すのは、IBM クラウド事業本部 担当部長 コンサルティング・アーキテクト 平山 毅氏だ。

注:Amazon Web Services、Microsoft、IBM、Googleの4社。

 IBMは、ユーザー企業のニーズに合わせて大きく3つの選択肢を提供している。

(1) SAP Cloud on IBM Cloud:SAPとIBMの最新技術を融合した最先端のデジタルトランスフォーメーションの実現

(2) IBM Cloud for SAP Applications(C4SAP):SAP部分もマネージドに提供されつつ、プラットフォームの選択肢が多いPaaS

(3) SAP on IBM Cloud (Bluemix Infrastructure):ベアメタルサーバとグローバルネットワークが活用できる自由度の高いIaaS

図1 図1 SAP on IBM Cloudの選択肢《クリックで拡大》

 そこで本稿では、長年にわたってSAPとパートナーシップを結ぶIBMが提供する「SAP on IBM Cloud」のサービスラインアップから、SAP環境をクラウド移行する上での悩みどころを解決する3つの解決策を探る。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部