Loading
2017年05月26日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャストゼタバイト時代の超高速処理を担う「メモリ主導型コンピューティング」とは?

データの増加スピードに、プロセッサの処理速度の向上が追い付かなくなりつつある。従来のコンピューティングに限界が見えてきた中、注目されるのが「メモリ手動型コンピューティング」だ。この革新的な研究の最前線を紹介する。

[ITmedia]

「HPE Discover Forum オンライン 2017」の注目Webキャスト

 プロセッサの処理速度の向上ペースが鈍る一方で、データは2年ごとに2倍のペースで増加し続けている。2020年には40ゼタバイト超に達すると予測されており、従来と異なる手法で処理速度の向上を図っていかなければならない。そこで浮上してきたのが「メモリ主導型コンピューティング」だ。

 従来型のプロセッサを中心としてきたコンピューティングは、メモリ中心に変化する。そのメモリ自体もストレージと一体化した新しい永続性メモリが使われる。さらに、フォトニクスを活用した高速通信により距離の制限を克服。ソフトウェア面でもプログラミングを徹底的にシンプルにするなど進化していくという。

 未来の技術のようだが、すでにプロトタイプの稼働にも成功しており、「Apache Spark」で従来201秒かかっていた処理がわずか13秒で済むという高速化を実現している。従来のコンピューティングの概念を覆す、新たなコンピューティングの最新成果を詳しく紹介する。

「HPE Discover Forum オンライン 2017」とは?

 登録制のオンラインフォーラムです。みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報で、HPE Discover Forum オンライン 2017のコンテンツをご覧いただけます。


photo

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE Discover Forum オンライン 2017」への登録が完了します。
 登録完了後、「HPE Discover Forum オンライン 2017」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
 本Webキャストはコンテンツタイトル「開発責任者が語る! 次世代コンピューティング〜The Machineプロジェクトが切り拓く未来〜」よりご覧ください。