Loading
2017年09月26日 10時00分 UPDATE
PR

次世代運用にどこから取り組むべきか古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法

インフラ運用の効率化を図る上で見逃せないのが、ネットワークの構築や運用をどう自動化するかだ。そのためには何をすればよいのか。具体的な手段を示す。

[ITmedia]

 私たちを取り巻くITは、仮想化技術の発展によって大きく進歩を遂げてきた。その領域はサーバやストレージにとどまらず、「NFV」(ネットワーク機能仮想化)や「SDN」(ソフトウェア定義型ネットワーク)といったキーワードとともに、ネットワークにまで及んでおり、さまざまな新しい技術が生まれてきている。

 ネットワーク仮想化技術によって、物理領域と論理領域を分離できることはよく知られている。一方で、これまで分離されていたものの境界が曖昧になる例もある。例えばSDNコントローラーとルーティング技術を組み合わせれば、データセンターの内外に関係なくトラフィック制御を実現できるようになる。

 この他にも「EVPN」「パケット光伝送」「SD-WAN」など、ネットワークの可用性や利便性を向上させる新しい技術・手法が次々と登場している。現在はネットワークアーキテクチャの再定義が進められている真っ最中なのだ。

 複雑化するネットワークとオペレーションの変化に追随し、新しいネットワークインフラとサービスを柔軟かつ効率的に運用するには「自動化」を取り込む他はない。それでは、どのように自動化を進めるべきか。どのような施策があるのか。詳しく解説しよう。

提供:ジュニパーネットワークス株式会社

提供:ジュニパーネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部